”刀都”岐阜県関市にて、40年以上の歴史を誇る工房製作の居合刀を販売しています。
また、質の高い刀装具も各種豊富に取り揃えております。
居合刀(真剣、模擬刀)の特注製作、各種諸工作、検討のご相談など、居合刀に関することなら全てお任せ下さい。
ご注文前のお問合せもお気軽にどうぞ。

Q&A よくあるご質問

Q.居合刀(模造刀)の手入れ方法について教えて下さい

居合刀(模造刀)を傷めない手入れの方法

居合刀(模造刀)の刀身表面に施されるクロム鍍金は防錆性に優れるため、真剣のように錆びることはまずありません
ただし、若干水分を嫌いますので、濡れてしまった場合には乾いた柔らかい布で拭く程度で、日常的なお手入れは問題ありません。
汚れがひどい場合や長期保存される場合には、次の方法でお手入れをしてください。

お手入れの方法

  1. 柔らかい布にエタノールなどの無水アルコールを少し染み込ませ、刀身を拭います。
  2. 柔らかい布に刀油(丁字油が理想的です)を少し染み込ませ、刀身を拭います。
  3. わずかに刀油の染みた柔らかい布で、鍔や縁頭などの金具を拭います。

尚、誤った方法や過剰なお手入れは逆に刀を痛めます
あくまで一例ですが、次のようなお手入れは避けて下さい。

避けるべき誤ったお手入れ方法

刀身に打粉を打つ 傷や鍍金剥がれの原因となりますので、絶対に避けてください。
鍍金が剥がれますと、錆の発生するきっかけとなります。
歯磨き粉などで刀身や金具を磨く 傷や鍍金剥がれの原因となります。
垂れるほどの油を刀身に塗布したまま鞘に納める 鯉口が緩むなど、鞘を痛める原因となります。

ここでは、製作職人の経験則や模擬刀の構造などを元にした観点での方法をご紹介しています。
刀礼の意に準じた精神的な意味合いから、真剣さながらのお手入れ方法を奨励されている流派もございます。

当店ご案内


当店は、居合刀と刀装具のオンラインショップです。本格的に居合道を学ぶ方に向けてご満足していただける製品を販売しています。
販売する模擬刀製品は岐阜県関市にて製作しています。
特注居合刀(模擬刀)の製作、真剣・模擬刀の各種諸工作も承ります。まずはお気軽にお問合せください。

店舗情報

店舗情報と各種お問合せ
  • 当店はオンラインショップ専門店として運営するものであり、実店舗を持ちません。
  • 事務所の住所を記載しております。
  • 一部例外を除くほぼすべての刀剣製品は受注生産であり、在庫を持っておりません。
  • ご来訪いただいても販売する商品はございません。予めご注意ください。
  • ご相談のためのご来訪は承っております。まずはお問合せよりご希望候補日時をご連絡ください。

当店での通信内容はすべて暗号化され保護されます。安心してお買い物がいただけます。